女の子の身体はとってもデリケート

デリヘルでは女性ももちろん、こちらを攻めてくれますが、こちらが女性を攻めるのも楽しいです。
女性のおっぱいを舐めたり触ったり、さらには下半身を愛撫して、女性を絶頂に達してあげるのも喜んでくれることでしょう。
デリヘルの女性は、お客様の爪が伸びていないかどうか、最初にチェックをしています。
爪が伸びているお客様には、プレイ前に切るように言われることもあるので注意しましょう。
女性に愛撫をする時に爪が伸びていたら、女性の敏感な部分に傷をつけてしまうこともあります。
デリヘルの女性にとりましては、その下半身の部分というのは商売道具なのですから傷をつけることなくしっかりと爪のケアをしておきましょう。

 

大人の男性でしたら、一度くらいは何かしらのデリヘルを利用されたことがあるでしょう。
男性にとって欠かすことの出来ないデリヘルは、ここ最近になって非常に需要が多くなってきているのです。



女の子の身体はとってもデリケートブログ:2018-7-12

母が亡くなってから
父親とあたしは二人暮し。

父親と母とお兄さんとあたしの四人家族のうち、
父親とあたしの仲はすこぶる悪い。

お兄さんが結婚を機に家を出て、母が急逝して、
一番仲の悪い二人が残されて暮らすことになってしまった。

四人で暮らしていた頃は
母やお兄さんが緩衝作用をしてくれて摩擦は避けられていたが、
二人きりになってからというもの
険悪さは赤裸々になっていった。

お互い、物静かな性格だから
取っ組み合いや言い争いなどはしない。

ひたすら無視しあうばかりの冷戦となる…
陰湿なことこの上ない。
どうしても伝達が必要な場合は筆談や、
メモを置くということになる。

「お前の言い分もわかるけれど、お前の半分はお父さんなんだよ」
お兄さんがぽつりと電話越しに言った。

「お前が嫌っているお父さんは、お前の半分なんだよ。
それにおれの半分でもあるんだよ。自分の半分を嫌って気持良いか?
おれの半分は嫌いか?」

あたしの半分は父親。
大好きなお兄さんの半分も父親。
父親を嫌うことは、自分の半分を嫌うこと。
父親をののしることは、大好きなお兄さんの半分もののしること。

「お父さんにもっと優しくしてやれよ。おれのお父さんでもあるんだからさ」

お兄さんにそう言われて、
心の奥の奥で凝り固まっていた何かが
すっと溶けたような気がした。

父親に優しく言葉をかけたら、
あたしの半分も優しくされたようで気持良い。
あたしの半分が喜んでいる。

父親を大切にすることは自分自身を大切にすること、
大好きな家族を大切にすることなんだ!

父母と子ども、この不思議なつながりを大切にしたいと思う。
そうして父親との暮らしを丁寧に重ねていきたい。